2016年10月05日

自分が使ってる侍の通常・WS装備(随時更新)

前回異様なテンションで侍をプッシュしましたが
今回はその侍の実際使ってる装備を紹介しようと思います
解説交えつつどうぞ。
2017/06/07更新






通常装備(STP、残心や八双ブーストなど)

メイン:童子切安綱
サブ:ウトゥグリップ

頭:フラマツッケット+1
首:コンバタントトルク
左耳:セサンスピアス
右耳:テロスピアス
胴:春日胴丸改
手:真脇戸筒籠手
左指:シーリチリング
右指:シーリチリング
背:タカハマント(残心重視のオグメが良いかと)
腰:イオスケハベルト
両脚:真脇戸板佩楯
両足:真脇戸筒脛当

解説
命中が一切無い代わりに八双ブーストがかかるエンピ脚を軸に前は装備を組んでいましたが
命中の面で酷いペナルティを受けていたので今は脇戸手の八双+と脇戸シリーズのコンビネーション命中+を使ってこんな感じになっています
魔法ヘイストキャップ+装備ヘイストと、ヘイストキャップの80%の差が11,15%なんですよ
なんでヘイストキャップ時の八双ブーストは2で充分っぽいんで、脇戸足が+3になったら手はバロラスに戻した方が良いと思います
以前の装備時の解説でも書きましたが、侍はマルチで殴るジョブではなくSTPと八双時命中しても残心が発動する効果+意気衝天で、零れる程のTPを稼いでダメージ修正WSや多数の連携、そしてアビの工夫を織り交ぜてダメージを出すジョブだと思っています。
こういうダメージの出し方がジョブごとに違うもんだと俺は確信してます
ヘイストキャップして、マルチを盛って、殴ってWS連打
ダメージの出し方はそれだけじゃないと思っています


WS装備(装備セットが足りんので侍は全部これで打ってます)

メインサブ変わらず

頭:バロラスマスク(攻命WSD+)
首:フォシャゴルゲット
左耳:胡蝶のイヤリング(TPボーナスオグメ、もう片方は魔攻です(えー 俺はメインファルシャ一刀戦士なのです)
右耳:イシュヴァラピアス
胴:膝丸腹巻改
手:真脇戸筒籠手
左指:ニックマドゥリング
右指:祝融の指輪
背:スメルトリアマント(STR+30 攻命 WSD+10の専用マント)
腰:フォシャベルト
両脚:真脇戸板佩楯
両足:真脇戸筒脛当

解説

命中を稼ぎつつ、STRと攻撃力を気にしつつ、ですね・・
頭だけじゃなくて脚以外バロラスWSDオグメにしたいです。
胴二個目取りに行かないとなぁ・・



南無八幡用WS装備

メインサブ変わらず

頭:左近士桃形兜改
首:フォシャゴルゲット
左耳:テロスピアス
右耳:イシュヴァラピアス
胴:弓術着
手:春日筒籠手改
左指:カコエシクリング+1
右指:カコエシクリング
背:スメルトリオマント(付けたいプロパティが飛命攻20我慢すれば不動用の流用で足りるんでさぼってます、良くない。)
腰:フォシャベルト
脚:真脇戸板佩楯
足:真脇戸筒脛当

解説
南無八幡用装備も載せておきます
これで南無八幡時の命中補正+100(があるらしい)で今求められる前衛の平均的な命中水準の1150近辺を満たす感じです。
与一は119+で矢も与一の矢です
与一にもやが付くかどうかだけで飛命が80近辺違うんですよね・・
弓侍の金字塔なのはもうずっと変わらないんだろうなぁ・・与一の弓は・・


あとはアビ着替え(先義、石火、黙想なんかです)にAFレリックエンピを使用してます
侍の装備はシンプルですね
レッツ侍ライフ。











posted by らんさん at 17:56| FF11/侍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする