2017年11月11日

デュナミス-ダイバージェンスをやってきた所見とこのコンテンツには旧サルベージのような「ルート選択」が必要なんじゃないか?という話

待望の新コンテンツデュナミス-ダイバージェンス
早速LSでやってきてこんな感じの「歩き方」をするのかな、と思ったので
一応の目当てとして書いておきます
間違えてるかもしれないのでざっとした指標くらいに
一案にするくらいに読んでみて下さい





まず所見を語ります

突入すると一時間制限で、もぎヴァナ見た方は分かると思いますがむかーしの、最初の裏のように
石像が佇んでいます、それが絡むとオークが数オークわきます
まぁ実際には石像一体で3~4匹くらいかなーという感じでした
やっぱり旧裏と同じように名前でジョブ判別が出来ます
kagemushaというのが忍者で、medicというのが召喚でした
きっちりSPも使ってきます、enchanterというのが剣らしくE.スフォルツォの使用を確認しました
召喚獣はもうみんな一致で寝かせに行ってたのでアスフロは未確認ですけどkagemushaの微塵では二回ほど半壊しました。
でもあれは・・そうそう、通常のサンドリアで言う北サンドへ向かう門の辺りにでかい石像が居て
そいつを倒す事が+3打ち直し解放フラグのようでした。
あんまり強くなかったですが、近接でやるには防御支援が要りそうだったかな・・?
サイズモストンプ(範囲物理)を連打してきます
幸い狩と精霊編成だったので無被害で済みました
それを便宜的に大ボス、と呼びますが、赤い目の(通常の石像は緑目でした、ちなみにHPMP回復などの効果は倒してもなし)石像が呼び出す、通常のオークとは名前が違う中ボスみたいな奴でのみ、忍者は見かけました
名前はkagemusha leaderだったかなぁ、通常の敵では忍者は見かけませんでした

もしかしたらその、第一陣での中ボスを撃破しないと大ボスのでか石像は沸かないのかもしれません
一応進行的には一陣大ボス倒して二陣に行って、一陣大ボス倒してしばらくしたら敵が自分たちの周りに大量に沸く初見殺し食らって全滅したんですがなんとか立て直せて、二陣目のおそらく中ボス、invoker(この名前は黒魔道士でした)commanderとの戦闘中に時間切れになったので
この中ボスをもし戦ってたの以外にも居たら全滅させてたら、二陣目の大ボスが沸いて更なる変化が起きたのかもしれませんがとりあえずそれで見えたデュナミスダイバージェンスでのコンテンツの目的を書いてみます
ちなみに大ボス倒したあとはベガリーバラモア三陣のように倒して即その大ボスが居た位置に行くと安全そうでした、ていうかそうしないと全滅不可避か・・

レリック装束を打ち直す為にやりますが、それに必要なのが+2では「足具の破片:(ジョブ名)」
+3ではこれに加えて「闇の足具:(ジョブ名)」です
これを入手する手段が

1.敵からの直接ドロップ(レアドロップかも)
2.足具の破片は獣人勲章三個/闇の足具は獣神勲章三個との交換(勲章の直接ドロップもあるかも?大ボスでは獣人勲章二個確認)
3.敵がぼろぼろ落とす錆びた認識票100個と獣人勲章/黒ずんだ認識票は100個で獣神勲章との交換

こういう・・階層的な入手手段になっています

つまり赤足を+2にしたい場合、足具の破片:赤を二枚手に入れる為、この3つの手段を並行して揃えるのを狙っていく感じになります
基本的な姿勢は認識票を集めながら、勲章の直接ドロップと、そして大ラッキー(多分)での足具の直接ドロップを祈りながらコンテンツに参加していく感じだと思います、そこに参加者でのロットが絡む感じ

そして

大ボスを倒すと、倒してない敵も消えて一新して格が上がり、ドロップアイテムが+3打ち直し用の黒ずんだ認識票(100個集めて獣神勲章と交換)と、あと確認したのでは闇の足具のドロップなど、多分勲章も獣神オンリーになるのかもしれませんが、「大ボスを倒すとドロップが+3打ち直し向けに一新」されます

+2がなければ+3は打ち直せないので、つまる話このコンテンツはオーメンみたいな

「同じコンテンツの中で違う目的を掲げた別の動き」があるコンテンツじゃないかな、と思ったのです

代表的なのだと詰みですね、同じオーメンというコンテンツの中で、段階的に自分の目的にあった進行をする
ああ、サルベージとかにも似てますね、要る装備、欲しい装備によって違う進行が必要・・というのが言いたい事な訳で

つまる話、+3打ち直しの為の希望ジョブでの大ボス/でか石像撃破を別にすれば
大ボス倒さんで、一陣目のまま、つまり+2素材を中心的にドロップする状態のまま
敵を殲滅していってまず+2を打ち直す為の動きを重点する、そういう
「目的の為のルート選び」が必要なんじゃないかな、という感想を持ったのです

+3には闇の足具の他に+2の打ち直しでも必要な足具の破片、ややこしいですね!!!!
NQ足具、HQ足具と呼びましょうか、+2の打ち直しに二枚必要な上で言った足具の破片:ジョブ名(俺が今日出させて貰った赤魔道士のものでいうなら 足具の破片:赤 という名前でした)これをNQ足具
+3の打ち直しに三枚必要な闇の足具:ジョブ名をHQ足具と呼びましょう

話を戻すと、+3の打ち直しにはHQ足具も必要ですがNQ足具も、+2の打ち直しに必要な分と同じ数要求されます

なんで、大ボス倒して+3素材集めるってルートを否定する訳じゃないですが

それだけではなく、どうしても必要数多いこのNQ足具、の為に必要なNQ素材、錆びた認識票、獣人勲章ですね、これを重点的に集める、ほんと旧サルと同じだな

「ルート選択」という立ち回りが必要なコンテンツなんじゃないかと、戦闘の立ち回りとは違って、サルと同じ目的別の敵の倒して行き方、これが違う所があるコンテンツなのかもな、という感想を受けました

まぁまだ見てない所に敵が居なかったり、一陣の敵すぐ品切れになっちゃうようなら一陣殲滅してから二陣行こうぜで終了なんですけどね!
あー・・フラグ解放の為に好きなジョブ出して、大ボスのみ狙いに行くってのもルートの一つなのかもな・・うんうん・・

以上です、こういう事思った奴が居るのかーくらいに、コンテンツへの姿勢を確立する上での一助にしてくだされば嬉しいです。










posted by らんさん at 01:13| FF11/ダイバージェンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする